みなさん、お元気ですか?

非常にあたたかい天気になって清々しい日になっています。

まだ予断は許しませんが、少しずつ新型コロナウイルスの感染者も減りつつあり、幼稚園再開の兆しが見えてきたのかなと感じています。

気を緩めてはいけませんが、6月の再開を楽しみにしています。再開するにあたり、さまざまな工夫をして再開できればと思っています。

 

さて、園長先生は、いつ始められるかわかりませんが食育の材料を分けていただく農家さんをご訪問させていただきました。

一つ目の農家さんは、南丹市のCoco de Planter’s さんです。

なんとここのオーナーさんは、聖光幼稚園をご利用いただいている少林寺拳法さんの先生ともお友だちだそうです。(うん、確かにムキムキでした。)

fullsizeoutput_c579 fullsizeoutput_c57b fullsizeoutput_c57d

合鴨農法で育てるお米のお話しや種子法のお話など有機農法のいろいろを教えていただきました。

お仕事をしてくれた合鴨は、育てて、お肉としてもいただくそうです。

農業が命の循環、私たちは命をいただきながら生きているということを感じるお話をお聞かせいただきました。

二つ目の農家さんは、大原のごめす農園さん。

比較的幼稚園からは、近い大原の農家さんです。

里の駅にも出荷されているそうで、西洋野菜などなかなかスーパーでは見ることのできないお野菜を育てているということでした。

fullsizeoutput_c583 fullsizeoutput_c587 fullsizeoutput_c58d

アンティチョークやイタリアンパセリなどなど、あまり聞いたことのないお野菜についてもお聞きしました。

食べたことのないお野菜もたくさんありそうです!幼稚園のみんなは食べられるかな?食べてみたいなと思いながらお話をお聞きしました。

またみんなで食べられる時がくれば、お野菜を分けていただきに行きたいと思います。

みなさん楽しみにしといてくださいね。

ではでは、お元気で良い週末を!